給料が入ったらすぐに貯蓄に設定した金額を貯蓄用口座に移すと良いです。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

誰でもできる貯金方法

 

貯金をしたいけれど、どうやって貯金をすればいいのかわからない、または、毎月の生活が大変で貯金が出来ない、などで貯金が全く出来ていない人も多いのではないでしょうか?

 

貯金は「貯金をしよう!」という目標が無ければなかなか出来ないものです。貯金を上手にするにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

現在の資質状況を確認する

まずは自分が一ヶ月に何にいくら使っているか把握する事が大切です。一ヶ月間家計簿をつけるなどして、自分の支出状況をきちんと確認しましょう。
ここで大切なのは家計簿の「合計金額」にこだわらず、あくまで「いくら使ったか」に重点をおきましょう。
支出状態がわかったら、現在の状態で一ヶ月いくらあまるか、何の支出を削る事が出来るか、を考えましょう。

 

貯蓄用の口座を作る

一ヶ月いくらあれば生活する事が可能か把握したら、余った分のお金を貯蓄用の口座に移すようにしましょう。口座にお金があると使ってしまう人は、給料が入ったらすぐに貯蓄に設定した金額を貯蓄用口座に移すようにするのもよいでしょう。

 

最初からその分のお金が「無いもの」にしておいて生活すると、それはそれで上手に生活を回せるようになるものです。
そのうえでまたお金が余るようであれば、貯蓄に設定する金額を増やせばよいのです。

 

100円玉貯金

どうしてもまとまった金額を貯金できない人は「塵も積もれば山となる」作戦の貯金を行うようにするとよいでしょう。
それは毎日貯金箱に100円玉を入れるだけの貯金方法です。一日の終わりに財布の中にある小銭を貯金箱に入れるようにしましょう。

 

100円玉だけでなく500円玉を貯金箱に入れるようにするのもよいでしょう。ストレスになってしまわないように、小銭のない日はないで、また小銭があるときに貯金箱に入れるようにするとよいでしょう。