現在も借金を返済していたり、完済後10年以内であれば過払い金請求が出来ます。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

過払い金請求

 

過払い金請求とは、文字通り「払いすぎたお金を請求」することです。
なぜ借金の返済に払いすぎたお金が発生するかと言うと、2010年以前の借金には、「出資法」と「利息制限法」の利息の上限が異なっていて、多くの金融業者が利息の高い「出資法」にのっとった上限金利でお金を貸し付けていました。

 

そのため、出資法と利息制限法の異なる上限の間である「グレーゾンーン金利」が発生していました。
しかし、2006年に最高裁判所によって、「上限金利は利息制限法の上限金利とする」という判決が下り、2010年には「貸金業法」の上限金利は利息制限法の上限金利とする法律に改定されました。

 

そのため、2006年以前の借入金には、グレーゾーン金利で返済していた可能性が高く、その「払いすぎた金利」を取り戻す事が出来るのです。

 

金融業者によっては、2010年の法律が改定されるまでグレーゾーン金利で貸し付けていた可能性があります。その金利を取り戻す事を「過払い金請求」と言います。
しかし、過払い金請求には「完済してから10年」という時効が定められています。要するに2006年以前に借金を全て完済していれば、2016年に過払い金請求をするごとが出来る権利が消滅している事になります。

 

現在も借金を返済していたり、完済してから10年以内であれば過払い金請求を行う事が可能です。
過払い金請求は個人で行う事もできますし、弁護士や司法書士に依頼して行う事もできます。個人で過払い金請求を行うときには、任意整理のときのように業者が取引を拒否する事はありませんが、かなりの労力が必要になります。

 

しかし、弁護士や司法書士に依頼すると、お金がかかります。
過払い金がどのくらいあるかをあらかじめ計算をし、自分に合った方法で過払い金請求を行うようにするとよいでしょう。