借金をする人は意志が弱い人であったり見栄っ張りな人が多い傾向にあります。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

借金をする人の思考

借金をしてしまう人の特徴は、大きく別けると4つのパターンに分類されます。
もし、これから紹介するパターンに類似する点があるならば、少し注意しなければならないでしょう。

 

1つ目のパターン

物欲を抑えられない衝動的な行動を取る人です。
このパターンは女性に多く見られるもので、宝石やブランド品が欲しくてたまらない衝動に駆られています。全身をブランド品に身を包み、贅沢三昧な私生活を送る人を見たことが無いでしょうか?
このタイプは欲しい物を手に入れないと我慢できず、後先考えずに借金をしてしまいます。
そして、借金の返済が困るとブランド品を手放すことになるのですが、大したお金にもならずに愕然とします。目先の欲求だけを追い求めてしまう人は多いので、十分に注意しましょう。

 

2つ目のパターン

見栄っ張りな人です。
これは男性に多く存在するパターンで、高級な腕時計を買ったり、キャバクラで豪遊したりするタイプです。さらに、一緒に食事した同僚や友人の代金を支払うなどの気前の良い行動も取ります。
周囲から注目をされたり、感謝されたりすることに喜びを感じるタイプで、非常に見栄っ張りなのです。
見栄を張るために借金をしてしまうのは、嘘を嘘で塗り固めるような愚かしい行為です。
見栄で身を滅ぼすなど論外なので、身分相応を心掛けましょう。

 

3つ目のパターン

意志が弱い人です。
生活費や家賃などの生活費で借金をしてしまうのがこのパターンです。
お金を借りたら後々後悔すると分かっていながら、借金してしまう典型的なタイプなのです。
普通の人は借金をしたら後悔するのを分かっており、借金をしないという選択を取ります。
しかし、意志が弱い人はダメだと分かっていながら借金をしてしまうのです。
意志が弱い人は、意志が固い家族や友人に相談することから始めましょう。

 

4つ目のパターン

何も考えていない楽観主義者です。
借金してもすぐ返済すれば良い、何とかなる、と根拠の無い自信に満ち溢れています。
その結果、うまく行く人も居ますが、多くのケースではどうにもならずに借金地獄へ陥ってしまうでしょう。

 

 

自分と似た傾向のパターンがあるなら、借金してしまうリスクは少なからずあります。
強い信念と、将来設計をしっかりと行って生活するようにしてみてください。