債務整理を行うと、金融機関が使用する個人信用情報に事故情報として掲載されます。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

債務整理とは

 

債務整理は、文字通り借金(債務)を整理することで、任意整理、民事再生、自己破産の3種類があります。債務整理は自分で行う事も可能ですが、弁護士や司法書士に頼んで行うのが一般的です。
債務整理を行うと金融機関が使用する個人信用情報に事故情報として記載されるため、その後5~10年ほど借金がしにくくなります。

 

任意整理とは

任意整理は借金の貸主である債権者と弁護士や司法書士が、利息の減額など返済金額と返済方法について交渉し、借金の借主である債務者が返済しやすい条件の交渉をして、双方の合意を得るための手続きです。

 

債務整理の中でも、この任意整理が比較的多く行われます。
他の債務整理と違って裁判所を通す事が無い為、書類を作成したり、債務者が表に出ることなく債務整理を進める事が出来ます。
個人で行う事も可能ですが、個人を相手にすると条件に応じない業者も存在します。

 

民事再生

民事再生は別名「個人再生」とも呼ばれます。自己破産と任意整理の中間に当たる制度となっており、裁判所に申し立てをする必要があります。

 

しかし、自己破産のようにすべての債務を放棄できるわけでも自分の財産を手放す事も無く行える債務整理で、債務金額によりますが、総債務額を1/5~1/10程度にし、それを3~5年の決められた年数の中で返済していく、という制度です。
個人で行う事も可能ですが、手続きが大変になる為、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

 

自己破産

名前の通り、「破産」を宣告する制度となっており、債務者が借金を返せない状態である事を宣言することになります。

 

債務者が保有する全ての財産を現金に変えて債権者に支払われます。
ただし、20万円以下の財産は手元に残す事が可能です。個人で行う事も可能ですが、手続きが大変になる為、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。