数万だけの借金が利子で膨れ上がり数百万になり自己破産に追い込まれるのです。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

借金からの転落パターン

借金してから転落人生を歩むパターンは、ほとんどのケースで似たものがあります。
最初に借金してしまうと、その借金のお金を利用するのが前提の生活になります。

 

毎月の生活費が10万しか無い人が、毎月5万を借金するとしましょう。
そうなると、その人は毎月の生活費を15万で暮らすようになります。
つまり、毎月5万の借金が積み重なっていくのです。

 

そして、借金をすれば当然ですが利息が発生するため、5万の借金は徐々に膨れ上がって行きます。
毎月5万を借りるはずが、毎月利息の返済に1万を当てるようになり、生活費は14万になってしまうのです。
こうした生活が続くと毎月5万では足りなくなり、7万を借り、10万を借りるようになります。

 

同じクレジットカードや消費者金融で借りられる上限に達してしまえば、別のところから借りなければいけません。

 

こうした借金のパターンにはまると、多重債務者となり家計が火の車になるのです。

 

借金で困った人が最後に取る選択肢は、

  • 自らの命を絶つ
  • 犯罪行為に走る
  • 任意整理を行う

の3つです。
自力で返済を完了する人も居ますが、何割かの人は借金からの転落に抗えないで転げ落ちて行きます。

 

借金生活から抜け出すのに有効なのは、借金を減額する債務整理です。

これは弁護士や司法書士へ相談を行い、今ある借金を減額する方法です。
費用は5万から15万ほどかかりますが、今後発生する利息をすべてカットするなどのメリットが得られます。
どうやっても返済出来ない借金なのであれば、自己破産を選択することも必要でしょう。
自己破産すれば家はもちろん、自動車や家電などをすべて売却しなければなりません。
借金は無くなりますが、自分が持っている財産もすべて失ってしまいます。

 

借金からの転落パターンは理解出来たでしょうか?
少額の借金をしても、それが破滅へ繋がる確率は十分あるのです。
返済する目途が無い借金は絶対にダメなのです。
生活が苦しいから、とりあえず借金をするという感覚は転落人生の始まりだと認識しましょう。

借金をする人の思考とは