ギャンブルで作った借金は非常に危険で自己破産しても免責にならないリスクがあります。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

ギャンブルと借金

パチンコ、スロット、競馬や競輪、ギャンブルに熱中する人が居ます。
ギャンブルに熱中している人ほど、実は借金の経験が多いものなのです。

 

借金には良いものと悪いものがあり、借りたお金以上の価値が戻って来るなら良い借金となります。
ギャンブルは一発当たれば大金が手に入るので、運が良ければ借金した金額の何倍ものお金を入手する確率はあります。

 

ただし、成功する確率は極めて低いでしょう。
それだけギャンブルは勝率の低い、分の悪い勝負なのです。

 

お金が飛んで行くイメージ画像

ギャンブルで負けた人は、負けた分のお金を取り戻そうと熱くなってしまいます。
そして、何となく勝てる気がするという幻想に捉われて借金を繰り返すのです。
借金しないで嗜む程度のギャンブルであれば問題ありません。
しかし、借金をしてまでギャンブルをするようになったら、それはかなり危ない状況だと言えるでしょう。
数百万の借金をしても、数千万の当たりを引けば良いと思うかもしれませんが、それは見積もりが甘いと断言出来ます。

 

借金が増えて行くと、消費者金融はお金を貸してくれなくなります。

そうなると別の消費者金融から借金をしなければなくなり、多重債務者の誕生となります。
それでも返済が滞るようならば、ブラックリストに登録されてまともにお金を借りることが出来なくなります。
残るのは返済出来ない数百万の借金だけとなり、路頭に迷うことになるでしょう。

 

ちなみに、任意整理や自己破産と言った債務整理は、ギャンブルの借金を帳消しに出来ません。
娯楽やギャンブルで作った借金は、いかなる理由があろうとも免責されないのです。

 

八方塞がりになった人が行く先は、闇金となります。
取り返しの付かない転落人生になり、身を持って借金の恐ろしさを知ることでしょう。

 

借金するほどギャンブルに熱中してはいけません。
貯金をすべて使い果たすようなお金の使い方も止めましょう。
ギャンブルなどしないか、節度を持って嗜む程度に留めておくことをおすすめします。