借金をするとローン申請が通らなくなる危険があり社会的な信用を失うことになります。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

借金による弊害

借金をしてしまうと、様々な弊害が起こります。
どのような弊害があるかを知って置き、借金しないための戒めにしてみてはいかがでしょうか?

 

最初に訪れる弊害は、借金による精神的なストレスです。

1万円ぐらいの借金なら大したストレスにはならないでしょう。
ですが、これがもし100万の借金だとしたらどのような気持ちになるでしょうか?
毎月の返済がいくらで、何日までに振り込まなければいけないかを常に意識するようになります。
気が弱い人であれば、食費を極限まで減らしたり、贅沢を控えたりするようになるでしょう。
そして、病気や不慮の事故により急な出費があれば、とてつもないストレスを感じるはずです。

 

例えば、職場で上司が誕生日なので、部下の全員がお金を持ち寄って何か買うとしましょう。
職場の雰囲気を壊さないようにするために、仕方なく出費をしなければいけない状況もあります。
子供が居るなら、学校でガラスを割って弁償することもあるでしょう。
長年使っていた家電が壊れて買い替える必要が出て来るかもしれません。
そうした急な出費にいちいちストレスを感じるようになり、毎日が重苦しいものになるでしょう。

 

他にも、クレジットカードの作成やローン申請が通らなくなるリスクがあります。

自動車のローン

借金をしている情報や信用機関により共有されています。
自動車のローンを組みたいのに拒否されてしまったりクレジットカードの審査が通らない危険性が出て来ます。

 

借金をしていると、社会から信用を失っている状態となってしまうのです。
友人や知人の評価も大きく変わることでしょう。
お金の問題が発覚した際に、距離を置かれてしまうケースも珍しくありません。
借金しているだけでお金にだらしない人というレッテルを貼られてしまうこともあるのです。

 

借金は自らの人生を圧迫するだけでなく、友人達との絆をも壊すものなのです。
お金を借りる、という単純なものでは無いことを、肝に銘じておくようにしましょう。