お金が溜まらない人は家計簿を付けずに混乱している場合があります。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

お金が貯まらない人の行動の特徴

なぜかお金が溜まらず、毎月家計が火の車になっている人が居ます。
そのような貯蓄な苦手な人は、普段どのような行動をしているのでしょうか?

 

真っ先に言えることは、家計簿を付けていないことです。

家計簿

お金が溜まらないと嘆いている人に限って、何にいくら使っているのか把握出来ていません。
家計簿を付けるように勧めても、大抵はめんどくさがって何もしないでしょう。
何にいくら使っているかを正確に把握せず、貯蓄をするのは不可能です。
無駄遣いの原因がどこにあるかを見極めるには、毎月の収支を正確に把握することから始めましょう。

 

また、貯金する金額を決めていないのも、お金が貯まらない人の特徴です。

毎月絶対に3万円を貯金すると決めている人は、意外とどうにかなるものです。
しかし、そうした計画性を持たずに、余ったお金を貯金するというスタンスだと危険です。
使えるお金はついつい使いたくなってしまうものなのです。
確実に貯金するためには、毎月いくらを貯金するのか明確にしておく必要があります。

 

性格がマイペースで欲望に素直な人も、お金が貯まりにくいです。

心のどこかで貯蓄の心配をしつつも、どうにかなると考えているからです。
コンビニにふらっと立ち寄って買い食いしたり、欲しい物を買いに行ったり、小さな浪費が多いのです。こうした小さな浪費を抑えれば、毎月1万から2万は貯金できるでしょう。
たったそれだけで年間で12万から24万の貯金が可能なので、時には自分に厳しくすることが求められます。

 

無駄遣いを無くしたいと口で言うだけで、実際には何も行動しないタイプも居ます。

夕食は必ず外で食べるような場合は、まさにそれが家計を圧迫する原因となっているでしょう。
自炊すれば万単位の節約になりますが、行動に移さないのです。

 

 

お金が溜まらない人の心理として、楽して貯金がしたいという気持ちがあります。
人間なので誰もがそのように思いますが、現実はそんなに優しくありません。
どこかで自分に厳しくして現状を変える行動を起こさなければいけないのです。