クレジットカードのキャッシングは預金とは関係なく借金することと同義です。

軽い気持ちで作った借金から取り返しのつかない転落人生へ-借金の恐ろしさ

MENU

クレジットカードでのキャッシング

クレジットカードにはキャッシング枠を設定することが可能です。
このキャッシング枠とは、現金を借金できる仕組みのことです。

 

よく、ショッピング枠とキャッシング枠を混同してしまう人が居ますが、意味が異なるので覚えておきましょう。

 

まず、ショッピング枠はクレジットカードで買い物する際に利用出来るものです。
それに対してキャッシング枠は借金により現金を借りることを意味します。

 

ショッピング枠も借金することには変わりありませんが、現金を手に出来るかどうかの違いがあります。
例えば、友人に借りていた5万円をすぐに返済する必要があるとしましょう。
その時、当然ですがショッピング枠を利用するのは不可能です。
このような状況の時は、キャッシング枠を利用して現金を借りることが想定されるでしょう。

 

現金

キャッシングは自分の預金口座から現金を引き下ろしている感覚になるので、注意しなければ非常に危険です。
いくら借金をしている状態なのかを把握しづらいため、気付いたら莫大な金額になっていることもあります。
そのため、基本的にはキャッシング枠の設定は0円に設定しておく方が良いでしょう。

 

もし、どうしてもキャッシング枠を設定しておきたいなら、上限金額は少なめにしておくのが無難です。下手にキャッシング枠を数十万の上限に設定しておくと、いざと言う時に浪費してしまうリスクがあります。
気軽にお金を借りられますし、いちいち審査をしないで済むので便利です。
しかし、その利便性に惑わされて借金地獄へ陥ってしまう人も居るのです。
闇金のような暴力的な取り立ては無いものの、借金を放置すればカードの利用停止、財産の差し押さえを行われるかもしれません。

 

なるべくならキャッシング枠は利用せず、自らの貯金でやりくり出来るように工夫しましょう。
どうしても利用する必要があるのであれば、借金した後に1日も早く返済するようにしてください。
キャッシング枠の借金は、利息が日割りなので1日ごとに利息が増えてしまうのです。
借金の負担を少しでも軽くするように、何が出来るかを考えてみましょう。